つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゲームホリック 中編

 すでに後悔

しているこのゲームホリックシリーズ。

前編・後編でいくつもりが、とうてい収まりきらないことに気づきまさかの中編です。

本人の予想を超えたこのゲーマーっぷり、とくとご覧アレ。


 - グローバルフォース -

 いわゆる「大戦略」。射程に入った敵ユニットを自動で攻撃する「迎撃システム」は秀逸。最新鋭イージス艦VS戦艦アイオワなんてこともできる。

 - 四季庭 -

 はやりのガーデニングゲーム。植物の名前を覚えるのにいい。「竹って伸びるの早!」ってのも体感できる。

 - エレファンク -

 パズルゲーム。象さんがトコトコ歩いてくるので、下に落っこちないように橋を架けてくかわったゲーム。ちゃんと物理計算しているらしく、構造が弱いところがあるとそこがポキっと折れて象さん死亡。

 - ゴー! パズル -

 古典的なパズルゲームが3つはいってる。ヒマつぶしにもならなかった・・・

 - エデン -

 前回紹介したピクセルジャンク製アクション。これも説明しにくいが、草につかまった小人ちゃんが、スパイダーマンみたくびょーんびょーんと・・・そんなゲーム。難しすぎて別の意味でヒマつぶしにならなかった。

 - ザ ラストガイ -

 怪物がうろつく街に取り残された人々をエスケープゾーンまで連れて行くゲーム。マップは世界のあちこちの街の航空写真がもとにかかれているので、人によっては「あ、オレん家あった!」なんてことも。各マップにはそれぞれ4人VIPがいて、これを探すのがアツイ。で、このVIPの説明文がおもしろい。

 - バイオニックコマンドー -

 昔のカプコンゲームのリメイク版。ストラテジー要素もあって・・・よくわかんなくて30分しかやってない・・・

 - ソーコム -

ファーストパーソンビューのオンライン専用戦争モノ。おじさんには難しすぎた。

 - Gダライアス -

 タイトーの代表的シューティング。知ってるでしょうか?3つのモニターを使った最初のダライアスを?「この会社アホじゃない?」とおもったもんです。で、この「G」、敵を捕まえてレーザーとして発射するというのが特徴。このレーザーがとっても太く、ボスが出すレーザーにカウンターしてボタン連打するとさらにぶっ太くなりって、もう画面の上から下までレーザーというこれまたアホなゲーム。

 さて、収拾がつかなくなってきたこのシリーズ、次回で無事終われるのか?読んでるほうもウンザリだが本人もウンザリです。

でもここはクリアしてやれなかった数々のゲームたちの


 供養

だとおもって最後まで書こうとおもいます。

   おわり


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ゲームホリック 前編

 つらつらと

 このブログを読み返してみて、こう思いました。
いまいちゲームの


 食い散らかし感 が足らないと。

このままだと、「このオヤジ、ゲーム好きだってけどぉー、なんか映画のこととか地図のこととか書いててぇー、んなゲーマーなんじゃ

 ないんじゃね?」

とか思われてしまいます。

そんな状況は、
エンゲーム係数(支出におけるゲーム費の割合)が町内一のわたしにとって耐えられません。

そんなわけで今回は、食い散らかしたゲームの数々を書き散らかしたいとおもいます。しかも、いままでPS3でダウンロードしたゲームにかぎって、

 前編・後編の二部作で

おおくりしたいと思います。覚悟してください。

なお、画像を貼るとなにかと面倒なので、文字だけでいきます。覚悟してください。

ダウンロードした順にいきます。

- flow -

傾きセンサーで微生物みたいな自機を操作して、他の微生物をパクパク食べちゃうゲーム。リラクゼーションゲームらしいが、やってることは弱肉強食。絵はきれい。

- ウォーホーク -

戦争FPS。とはいえシビアな照準合わせとかは必要ないライトではちゃめちゃな感じ。これはけっこうやった。

- ミスタードリラー -

アーケードからの移植。ずんどこ下へ下へ掘り進んでいくパズルアクション。

- スターストライクHD -

星の王子様さまが住んでいそうなちっちゃな星が舞台のシューティング。

- ダークミスト -

たとえるなら、初代「ゼルダの伝説」のダンジョンが舞台のシューティングアクション。

- モンスターズ -

これは説明が難しい。子供のいるお家に向かってモンスターが列をなして進軍してきます。で、各種ある砲台をうまく設置してそれを食い止めるゲーム。メルヘンな絵柄だが、自機はおろか子供さえちっともカワイくない。海外ゲーっぽいが、京都にある「ピクセルジャンク」とかいうちいさいゲームメーカー製。センスが光る良作だと思います。

- レーサーズ -

これも先ほどの「ピクセルジャンク」。ちっちゃいコースをミニカーみたいな車で敵車を避けまくるゲーム。

- エブリディシューター -

シューティングだが、自機はまさに「点」の避けシュー。ギターサウンドがたまらない。

- ネクタリス -

なつかしいPCエンジンからの移植。大戦略系ターン制ストラテジー。ユニットの生産ができないため、詰め将棋的要素が強い。

 と、ここらで前編は終了。

おそれいるのはまだ早い。怒涛の後編へ続く。



   おわり


未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

金欠セレナーデ

  流行に敏感な

 わたしは、去年つるっと失業してしまい、その後・・・(中略)・・・へ行ったら・・・(略)・・・あの峰のはるか彼方に・・・(略)・・・熊が・・・(略)・・・その刹那・・・天空に・・・ペ・・・ので、ネットすら続けられる状態ではなくなり、
結果、突然失踪というかたちになり、関係各位に多大なるご迷惑をおかけしたことを、この場を借りて使い慣れない絵文字でもってお詫び申し上げます。


 m(_L_)m  ペコリ・・・だとおもう・・・

 さて、そんなわたしのここ一年のゲームライフですが、いい歳こいて

フリーターのたまご

みたいな収入では新しいゲームなど買えません。手持ちのゲームを再プレイするしかないのでありました。

 しかし、ほどなくトラの子のPS3がブルーレイを読み込まなくなり、


初代PS2よりデカいPS2

と化し、XBOX360にいたっては電源すら入らなくなって

ただのハコ

になりさがったのでありました。

 残されたのはPS、PS2、PCのゲームたち。

あなたには分かりますか?一度クリアしたひと昔前のRPGをまたプレイしなければならない悲哀が・・・
それでもプレイしてしまう呪われたゲーマーの悲哀が・・・


CIV4 (3)

©2005 Take-Two Interactive Software and its subsidiaries. All rights reserved. Sid Meier's Civilization IV, Civ, Civilization, 2K Games, the 2K Games logo, and Take-Two Interactive Software are all trademarks and/or registered trademarks of Take-Two Interactive Software, Inc. Developed by Firaxis Games. Firaxis Games and the Firaxis Games logo are a registered trademark of Firaxis Games, Inc. The ratings icon is a trademark of the Entertainment Software Association. All other marks and trademarks are the property of their respective owners. All rights reserved.

 PCゲーム シヴィライゼーション4 こいつに救われた


 とはいえ、やっとこさ再就職でき、やっとこさ慣れ、新しいゲームができる状態にまでこぎつけることができました。

 一年以上情報から断絶していたので、ネゲーの現状はさっぱり分かりません。

 とりあえず、これも故障したPC用コントローラーを新調し、
(お金?あるとも)
MHFの一ヶ月券でも買って、(お金?あるともさ!)
リハビリしたいとおもってます。

 というわけで、25日(土曜)PM10:00ころIN予言。

できれば直接会って(ネットで直接というのもヘンだが)あやまりたい。

 おヒマなら来てください。

 最後にこれだけは言っておく。みんな

   貯金しとけ!!

   おわり。


追記 MoEのパスは忘れた!

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

地図マニアンドリーム

   正直なところ

 地図マニアだ地図マニアだと言っていますが、それほどマニアってわけでもありません。まあ、ネタ的にね。

 とはいえ、「グーグルアース」はとてもおもしろいツールだと思うので紹介したいとおもいます。

 これは航空写真を貼り付けたデジタルな地球儀みたいなものです。ズームイン・アウトもおもいのまま、レイヤーを使えば簡単に名所や世界遺産なんかを見ることができます。

 ではさっそくCAESAR在住の、誰が何と言おうと在住のヴェネツィアを見てみましょう。


     イタリア (1)

 まずは遠景から。ヴェネツィアはイタリア・アドリア海のいちばん奥に位置しています。

     ヴェネツィア遠景 (1)

 こんな潟の中にあるんです。知ってました?

     ヴェネチィア (1)

 はい見えました。右の方の広場がサンマルコ広場。湾曲して流れてるのが大運河カナル・グランデ。に架かっている橋はリアルト橋。200近い島と400の橋がヴェネツィアを形作っています。人間てすごいですね。

 近年、温暖化の影響やら地盤がもろくなったやらで沈みそうなんだそうです。その前に行ってみたいなぁ・・・ あ、いけね、住んでるんだった。

 次はウワサのボスフォラス海峡とダーダネルス海峡を見てみましょう。


     東地中海 (1)

 トルコとギリシャを分けているのがこの2つの海峡です。

     マルマラ海 (1)

 右上から黒海~ボスフォラス海峡~マルマラ海~ダーダネルス海峡~エーゲ海と続きます。中世のある時期まではこの海峡が洋の東西を分けていました。しかしダーダネルス海峡などは最も狭いところで600メートルしかなく、潮流が激しいとはいえ小船でも渡れます。実際現在の地図を見ても海峡の西側もトルコ領になっています。

 にしてもすごい地形だと思いませんか?もう少し海峡が広ければ、あるいは地続きだったなら、人類の歴史は変わっていたかもしれません。


     モン・サンミシェル遠景 (1)

 お次は世界遺産のひとつ。わかりますか?

     モン・サンミシェル (1)

 フランスにあるモン・サン・ミシェルです。これは干潮時みたいですね。観光バスがずらりと並んでいます。

 あとは偶然見つけた”なんじゃこりゃスポット”を


     ドバイ (1)

 アラブ首長国連邦のドバイです。セレブな住宅街?ホテル群?恐るべしオイルマネー。

     リビアの農場 (1)

 リビアの砂漠地帯に唐突に出現した謎の円形。たぶんハイテクな農場?

     ノバヤ・ゼムリャ (1)

 番外編。ロシア北に位置するノバヤ・ゼムリャ島。どっかで見たことが・・・ そうキャラバンの気球からそっくりな地形が見えるぞ!

 以上。この「グーグルアース」、タダでダウンロードできるのでみなさんも一度見てみては?目的もなくただグリグリしてるだけでも楽しいですよ。

 ・・・と、ここまで書いて読み返してみると・・・ごめん、やっぱり


   マニアだった?

     おわり。

未分類 | コメント:1 | トラックバック:0 |

サウンドオブミュージック

   奇跡の

 連日更新でいく映画つれづれその3

    The20Sound20Of20Music (1)SOM
    (C)Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 そう、ミュージカルです。ミュージカルといえば

 「音楽」の? セリフを言えば済むのに なぜかイキナリ歌い出して状況を説明するあの演劇の事か?
  
         ~ 漫画 「スティール・ボールラン」より

 のミュージカルです。

 私も「ミュージカル?アホくさ」と思っていましたが、この映画を観たら、まあ悪くはないと思えるようになりました。

 で、今回の注目は主演のジュリー・アンドリュース。どんな女性にも必ず一生に一度は輝く時があるといいますが、この作品のジュリーがまさにそれ。それほど美女というわけではもなく、(すいません主観ですので・・)むしろ共演してる娘役のほうが美女のように見えますが、そんなもん吹き飛ばす勢いで輝いています。

 ミュージカルというと最初っから最後まで笑顔でラララ~♪しているイメージですが、この作品の時代設定は戦時下のオーストリアということもあり、後半はかなり暗いお話になっていきます。

 とはいえ、「ドレミの歌」とか「エーデルワイス」とかいった誰でも知ってる曲がでてくるし、なによりジュリーの輝きっぷりに心癒される作品だと思います。

 「オズの魔法使い」のジュディー・ガーランドもいいですね。子供だけど。「オーバーザレインボー(虹の彼方に)」も名曲です。

     おわり。


映画つれづれ | コメント:2 | トラックバック:0 |
<<前のページ| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。