つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ジョーズ

  今回も

 ピンポイント攻撃でいく映画つれづれその2

   jaws1_1_1b (1)ジョーズポスター
(C)1975 UNIVERSAL STUDIOS.ALL RIGHTS RESERVED.

 ジョーズといえば、♪で~でん・・・で~でん・・♪という例の曲があまりにも有名ですが、実はこの曲以外もとてもいいのです。海の持つ美しさと底知れぬ恐怖を感じさせる名曲です。

 この映画の音楽を担当したのがご存知ジョン・ウィリアムズです。彼の代表曲を挙げると
「スターウォーズ」 「スーパーマン」 「ET」 「インディージョーンズ」とキリがないですが、私はこのジョーズに一票入れたいと思います。

 で、今回の注目シーンはほぼラストシーン。ジョーズがドカーンとなって海中に沈んでいくところです。血煙の中、バラバラになった肉片がゆっくりと沈んでいくわけですが、ジョーズの象徴たるその巨大な背ビレがこれまた
絶妙なタイミングで、さらに絶妙なスピードで沈んでいくのです。

 もちろんCGなどない時代で手作りで撮ったに違いないシーンです。いくらか狙ったにしても水中シーンでもあり、これはやはり偶然だと思われます。

 ジョーズといえば 「激突」 と共にスピルバーグの出世作となった作品だといわれています。本人の才能があったにせよ、この作品に ”神が降りた” のかもしれません。

 余談ですが、いくつかのゲームにも ”神が降りた” と思われるものがあります。製作者の意図を超えたもの、例えば 「ドラゴンクエスト」 なんかそうかもしれません。システム、シナリオ、音楽、そしてなにより時代性が絶妙に融合しています。
「シヴィライゼーション」なんかもそんな感じがしますが・・・これは共感を得られないかな・・・。

 長い人生、この先ジョーズを観る機会があれば音楽とドカーンのシーンに注目してみてください。

     おわり。
スポンサーサイト

映画つれづれ | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<サウンドオブミュージック | ホーム | ニャンダフルウェポンズ>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。