つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ゲームホリック 後編

どこまでつづく ぬかるみぞ

「討匪行」 八木沼丈夫作詞 昭和7年

ついに最終回(のハズだ)。

 - カタン -

たしかドイツのボードゲーム。をデジタル化したもの。資源をうまく使い領土を拡げてポイントを競うゲーム。どういうわけかアナログゲームの良作はドイツ製が多い。子供のころはよくボードゲームで遊んだものです。現代っ子はもうやってないのかな?

 - ナムコミュージアム -

以前にこのブログで書いたことのあるナムコのレゲーセット。「ディグダグ」は敵キャラを破裂させたり岩を落としたりして倒すわけですが、最後の1匹は画面外へ逃げようとします。それをうしろからトドメを刺すのが今考えるとひどい。

 - クリスタル ディフェンダーズ -

ずばり言って、前編で紹介した「モンスターズ」のパクリ。塔がファイナルFのキャラに置き換わっただけ。パクリがあるってことは「モンスターズ」が良作だったということ。

 - ゴミ箱 -

いろんなゴミをゴミ箱に詰めていくパズルゲーム。普通に詰めるだけでは溢れてしまうので、うまく隙間に入れたり壊して小さくしたりしてクリアする。最初はマグカップとかハンガーとかのゴミだが、そのうちゴルフ場とかタンカーとか、「ゴミか?」ってのが落ちてくる。

 - ファイナルファンタジー Ⅶ -

人は2種類にわけられます。そう、FF派とドラクエ派に。わたしはドラクエ派。FFはデモが長すぎていつまでたっても怪獣と戦えない。ドラクエは「Ⅷ」になってもやくそうは「薬草」ではなく、あくまでも「やくそう」。そこがいい。

 - ルナティックドーン -

フリークエスト形RPG。好きなジャンルだがこのルナドンもデモが長い。スキップ機能がないので見てるしかない。

 - ネクロマンサー -

PCエンジンのRPG。わたしの記憶が正しければ、敵モンスターが動くRPGはこれが初。といっても2枚の画だけ。ダーク系RPGというふれこみだが、今見るとなんともほのぼの。

 - 麻雀 -

普段は運命やら占いやらいっさい信じないが、麻雀をやってる時だけは「運ってあるかもなぁ」とおもわせる人類史上最高のゲーム。

 - マシリアス -

800円にしては遊べるアクション。剣や槍に変形するマントを使ってでかいボスと戦うゲーム。おじさんには難しい。

 よし

やっと終わりました。

数えてみたらじつに37タイトル。そのうちクリアしたもの・・・5。すいません。

注意してほしいのは、これらはすべてPS3でダウンロードしたゲーム
のみだということです。期間にして3年(注。金欠の1年を含む)でこの数です。この時勢にたいしたもんです。各ゲームメーカーはそんなわたしに株式の1%を譲渡すべきではないでしょうか?

とはいえ、当初の目的であった「食い散らかし感」は

 イヤというほど

出せたのではないでしょうか?なにより本人がもうイヤです。

さて、次回からはPS3ダウンロードゲーム以外の食い散らかしゲームを紹介・・・


・・・ うむ、勘弁してやろう。

   おわり

スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。