つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Gダライアスと将棋とイラン人

c20080827_03_psstore_04_cs1w1_480x480 (1)Gダラタイトル
(C)TAITO CORP. 1986-2008

   若かりしころ

とあるゲーセンに通っておりました。

 そこに、いつも同じ時間に来てGダライアスと将棋だけやって帰っていくイラン人がいて、いつしか顔見知りになり、本物の将棋を指そうということになりました。

 今回はゲームの話はさておき、そのとき彼から聞いて今でもこころに残っているお話を。

 彼の友達が首都テヘランの公園でタバコをポイ捨てして、警官に捕まったんだそうです。で、彼に科された懲罰というのが 
 「公園の掃除ボランティア一週間の刑」

 友達連中はわざわざ他の公園から落ち葉などをかき集め、彼が掃除している目の前にぶちまけておおいに楽しんだそうです。なんかほほえましいじゃありませんか。

 きっと日本ではきっちり罰金取られておしまいなんでしょうが、こういうシステムのほうが社会のためになるんじゃないでしょうか。罪を犯した側にとっても、ただ罰金払うより 「こんなのは二度とゴメンだ」 と思うに違いありません。

 法の民古代ローマ人はこう言っています。


 「誰に対しても公正に施行されるのが法律だが、そのあまりにも厳正な施行はかえって不公正を生む」

succe02 (1)将棋
(C)SUCCESS 1999-2000
(C)α-β/ITUI/KEN CHEN ALL RIGHTS RESERVED

 戦争の話も聞きました。彼は若いころ徴兵され、5人チームのスナイパーとしてイラク・トルコの国境地域に送り込まれたそうです。
 
 なんだか重い話になりそうだと思って身構えましたがなんのことはない。彼は人を殺すのも、もちろん殺されるのもイヤで、気の合う友達と2人で敵と上官の目を逃れるために戦場を逃げ回っていたそうです。

 戦争はもちろん悲劇ですが、そんな中にさえ喜劇的なものも見え隠れするのが人の世なのかもしれません。チャップリンは搬送トラックから逃げ出したニワトリを追いかけて右往左往する人々を見て、悲劇と喜劇は同時に起こるものだと思ったそうです。

 引っ越してしまったので、以来、彼とは会っていません。この不景気の中いかに暮らしているでしょうか?ともあれ、将棋のような膝を突き合わせて、あるいはテーブルを囲んでやるアナログなゲームもいいもんです。

 デジタルゲームどっぷりな私ですが、全ゲームを含めたマイベストゲームTOP3は
 
 麻雀・将棋・モノポリー

 だと思っています。

     おわり。

スポンサーサイト
懐かし系 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。