つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ガストノッチでいこう

 PS3の配信専用タイトルに「ナムコミュージアム.comm」というのを見つけ、2秒で買ってしまいました。

 収録されているのは「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドラゴンスピリット」「ゼビウス」に、新作となる「ゼビウスリザレクション」の6作。

 その昔、駄菓子屋の店頭、あるいは奥のほうに置いてあったのをプレイした世代の私にとっては、なんとも懐かしいタイトルであります。当時はアップライト筐体(立ってプレイするタイプのゲーム機)か平台(ひらだい。喫茶店などでよくマージャンとか入ってるアレ)でしたね。

      P2030010 (1)(c)NBGI

 さてゼビウス。美しい背景とソリッド感溢れる内容、ナイスなBGMで有名な名作です。

  「シューティングゲームの歴史はゼビウスから始まる。」

とゲーテも言っています。(うそ)

 とはいえ、その後のシューティングに多少なりとも影響を与えたのは本当で、異常に硬い敵のことを
  
 「こいつバキュラ(*)かよ!」

などと言ったりします。
*バキュラ ゼビウスに登場する破壊不可能な敵。当時としては斬新でした。

 ちなみに「ゼビウス」とはゼビウス語で”第4の星”。今回のタイトル「ガストノッチ」は”絶好調”とか”最上級”または”気分上々”とかいう意味です。なんせ昔のことだから記憶に自信がないけれど。

     P2030011 (1)(c)NBGI

 でドラゴンスピリット。これもシューティングですが、自機がドラゴン、敵もメカじゃないというのが当時としてはとても斬新でした。パワーアップするともうひとつ首が生えてきて火力が2倍!というのにも驚いたもんです。自機がとてもでっかいのですぐに弾にあたってしまい、シューティングが大の苦手な私は1面クリアがやっとです。

 ゲームは目に悪いといわれていますが、ある医師の研究によると目に良いゲームもあるそうで、その筆頭に挙げられたのがこのドラスピ。なんでも

”色彩豊かで動きがあり視点が固定されず自キャラが大きい”

のがその条件だそうで、まさにピッタリです。

 この「ナムコミュージアム.comm」、BGMやSEだけを聞くこともできます。たとえ1面しかクリアできなくとも問題なし!2秒で買った本当の理由は実はこれ。ドラスピの3面なんかのBGMなんてもうこれだけで3杯いけるね!

     おわり。

スポンサーサイト
懐かし系 | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。