つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マクラレン家のMr.ハンディ

P2260011 (1)全景
2277年のマクラレン家

 「2077ねん1がつ23にち。きょうボクんちにミスターはんでー(*1)がやってきたよ。おかい物したりおりょうりとかそれとマフィー(*2)のおさん歩できるカッこいいロボです。」

 (*1) ロブコ社製家庭用汎用ロボ Mr.ハンディ 家庭内の様々な雑用をこなす。
      戦闘用バージョン Mr.ガッツィもある。

 (*2) 当時のマクラレン家の飼い犬の名。

 今回は読む前にハンカチを用意していただきたい。
 なぜかって?
 涙がいっぱい出るだろう?


  それを拭くためになッ!   ~ 「ジョジョの奇妙な冒険」より

     P2260010 (1)表札
「マクラレン家 2026 ブラッドレイプレイス 弁護士お断り」
2026年といえば核戦争勃発より50年も前。表札が外されていないということは、その孫夫婦あたりが暮らしていたのだろうか。それともただの番地かな?

     P2260012 (1)待機中
200年待機中のMr.ハンディ。机上にある端末で様々な仕事をさせることができる。

P2260013 (1)メニュー
タスクメニュー

     P2270017 (1)散歩
「マフィーのお散歩」を選択。当然マフィーはもういない。

     P2260016 (1)子守唄2
「お子様寝かしつけ用ポエムの朗読」を選択。白骨に向かってポエムするMr.ハンディ。

 このポエムとやらを、ちょっと長いが全文紹介したいと思います。


 柔らかな雨が降り注ぎ、大地はかぐわしく匂い立つ。

 ツバメたちは、かすかに羽音を立てながら輪を描き、

 カエルたちが夜の水辺で大合唱する。

 そして、プラムは真っ白な花を咲かせる。

 ツグミたちは、燃え立つような羽をまといながら、

 垣根の上で気まぐれな口笛を吹き、

 戦争のことを知る者もおりはしない。

 鳥も木も、もう、戦争に怯えることはない。

 人間さえいなくなれば。

 そして春は、我々がいなくなったことなど気づきもせずに、

 夜明けのころに目を覚ます。



  どお? 泣けた?


 機械の怖いところは、間違っていてもそれに気づかないところです。人間は間違いに気づくことはできるのですが、それを繰り返します。

 毎回同じ穴に落ちるMr.マリオみたいなもんです。

     おわり。


     P2260014 (1)ベビーカー
弟か妹のベビーカー。ハンカチ2枚目いっとく?

スポンサーサイト
FALL OUT 3 | コメント:1 | トラックバック:0 |

ゲームでは表現できないこと EUROPA UNIVERSALIS ROME

 シミュレーション好き&ローマ好きなCAESARにはこれまたドツボのゲーム。「ヨーロッパユニバーサリス ローマ」

 P2220007 (1)tタイトル  © Paradox Interactive 2008. All rights reserved. Europa Universalis: ROME is a trademark of Paradox Interactive.

 開発元のparadoxは他に「ヨーロッパユニバーサリスⅢ」や「ハーツオブアイアンⅡ」など、いわゆる歴史シミュレーションを多く手がけているナイスな会社です。これらの作品に共通しているのはその膨大なデータ量で、第2次世界大戦をあつかった「ハーツオブアイアンⅡ」などはしばしばフリーズするほどです。

 この「ローマ」の説明書も確実に

「老人と海」よりぶ厚い
ので説明は省略。まぁ「信長の野望」だと思ってください。

 P2220006 (1)色分けマップ.  © Paradox Interactive 2008. All rights reserved. Europa Universalis: ROME is a trademark of Paradox Interactive.

 こーゆーマップを見ると血が騒がないか?それが男というものだ!なに?ただの地図マニアだって?ち、違う!地図フェチだ!

 プレイできる年代は紀元前280年から紀元30年まで。ポエニ戦役前夜から、オクタヴィアヌスによって帝政が確立されるまでとなっています。ローマだけではなく他の国でもプレイ可能で、 ”マケドニア大復興” とか ”プトレマイオス朝エジプト、地中海を渡る” とかにもチャレンジできます。

 CAESARも ”ローマに勝っちゃうカルタゴ” という美学のもとに破竹の勢いで版図を広げていました。しかし、現在のスペイン、ポルトガルのあるイベリア半島を制覇し、今ではフランスと呼ばれているガリアを征服するころには、あちこちで発生する反乱に悩まされることになりました。

 ゲーム的にいえば反乱の起きる要因は数々あります。文化・宗教の違いや敵対国による扇動。総督の汚職度と国家への忠誠心。駐屯軍の有無。税率や支配されてからの年月などなどです。しかし実際の世界の人々はこれらの要因だけで支配に不満を持ち、もしかしたら自分が死ぬかもしれない反乱を起こすでしょうか?もっと複雑なような気がするのです。支配の仕方もされ方も国によって違うはずです。


 P2220001 (1)カエサル  © Paradox Interactive 2008. All rights reserved. Europa Universalis: ROME is a trademark of Paradox Interactive.

ルビコン直前のカエサル 友人の欄には当時14歳のオクタヴィアヌス 

 ユリウス・カエサルの「賽は投げられた!」によってその後20年あまり内乱が続いたローマに、なぜ支配されたてのガリアは反乱を起こさなかったのか?
 
 十字軍遠征はなぜ7回(8回?)も行わなければならなかったのか?
 
 日本はどのようにして太平洋戦争に突入していったのか?
 
 パレスチナ問題はどうすれば解決できるのか?

 どれだけ膨大なデータをつぎ込もうと、やはりゲームでは表現しきれないモノが人間社会にはあるんだなぁとつくづく思ったのです。ゲームだからあたりまえといえばあたりまえなんですけどね。


 P2220004 (1)ハンニバル  © Paradox Interactive 2008. All rights reserved. Europa Universalis: ROME is a trademark of Paradox Interactive.

象さんを従えアルプスを越えイタリアで孤軍奮闘15年戦ったナイスガイ ハンニバルもいるぞ
彼の家門バルカはカルタゴ語で ”雷光” を意味する ベルキュロスと関係は・・・ないか

 21世紀になっても人類は戦争という悪行から足を洗えません。ゲームにできない事があるように、人類にもできない事があるのでしょうか?ドンパチするのはせめてゲームの中だけにしたいものです。というわけでparadoxさん、「ハーツオブアイアンⅢ」に期待してます。
 ・・・CAESARにできないのはゲームをやめる事かもね・・・

 いつになくシリアスになってしまった今回。シリアスついでに。

誰が言ったか忘れましたが---

 「平和への道など存在しない。平和が道なのだ」

     おわり。

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |

MYST 五里霧中

   説明しなさすぎ

 以前ここで「説明のしすぎ」は良くないと書きましたが、このゲームはその真逆。今やアドベンチャーゲームの代名詞となっている「MYST」シリーズです。アドベンチャーゲームといったら
 
 「ポートピアれんぞくさつじんじけん」

だと思ってるアナタ、それは20年以上昔のはなしですよ。

     CopyofMystBoxPlaincopy.jpg

MYST is a registered trademark of CYAN WORLDS, INC. © 1994-2006 CYAN WORLDS, INC. MYST logo is a registered trademark of CYAN WORLDS, INC. MYST and all character names and likenesses are trademarks of CYAN WORLDS, INC. © 2006 SUNSOFT All other rights property of HOPLITE RESEARCH, LLC © 2006. All other trademarks and tradenames are properties of their respective owners. All Rights Reserved. Published by SEGA Corporation under licensed by Hoplite Research, LLC


 要は画面上の正しいところを正しい順序でポチッとやれば先に進めるわけですが、これが難しい。ヒントはあるのですが、「はい。これヒントです」とか、「この光ってるのがボタンです」とかいう”丁寧な誘導”はこのゲームにはありません。しばらくさまよって「ああ、あれがヒントか~」というパターンがほとんどです。まぁ、それがアドベンチャーゲームなんですけどね。

 いままでⅠ~Ⅴ+αまで出ているこのシリーズ、CAESARにとっては思い出深い作品たちです。まず初代「MYST」(94)はセガサターンでプレイし、2作目「RIVEN
 THE SEQUEL TO MYST」(98)はプレイステーションで、つづく「MYST Ⅲ EXILE」(01)はXBOX。そして「MYST Ⅳ REVELATION」(05)はPCで、と時代の流れを感じずにはいられません。時代の流れの感じ方が他の人とはちょっと違ってる気もするが・・・ま、いいか。
 
 (「MYST Ⅴ END OF AGES」は未プレイ。
                  買ってあるんですけどね・・・)

 初代「MYST」をはじめてプレイした時の衝撃は今でも忘れられません。「これは・・・ゲームの中に”世界”がある!」とか思ったもんです。今は容量も開発費も何十倍にもなって3Dグリグリなのに、”世界”を感じさせてくれるゲームにはめったにお目にかかれません。

 だが、世界があろうがなかろうが難しいものは難しい。今、「Ⅳ」で行き詰ってます。かれこれ2年行き詰ってます。なので「Ⅴ」にすすめません。

 以前テレビ番組で、ある類人猿学者が「人間と類人猿でもっとも大きな違いはなんですか?」と尋ねられていたのを観ました。当然、”文明、言語の有無”とか”道具、火の使用”とかいう答えがかえってくるかとおもいきや、「記号に対する圧倒的認識力の差」なんだそうです。

 だから解けない謎をまえに、

くそう、お猿に負けてなるものか!

 と、この休日久々に再挑戦してみましたがやっぱり解けませんでした。ウキー!

 CAE猿が人間になる日は来るのでしょうか?

     おわり。


懐かし系 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ウェイストランドの奇妙な住人たち ガロ編

「人は何を滑稽かに思うことによって、
  
   最もよくその性質を現す」
 ~ ゲーテ(本当)

                P2110025 (1) ガロ 
          
                引きこもりコレクター ガロ

 というわけで、ウェイストランドに暮らすちょっと、いやかなりイカレた人を紹介します。今回は、とある下水管理施設の一室を不法占拠して(もはや法などないのだが)、一人暮らしをエンジョイ中のガロのアニキ。

 例によって何のクエにも絡むことなく、数ある下水や地下鉄にこういう変なキャラがワンサカいるのがこのゲームのすごいところのひとつ。

 「その人の部屋を見れば、その人がわかる」

 今回は多くを語りません。この人物は一体どういう人物なのか?FO3精神にのっとり、ちりばめられた小物やその雰囲気で想像してみるのも一興かと思います。



     P2110023 (1) リップワイヤー

 自室へ続く通路に仕掛けられたワイヤートラップ

     P2110024 (1) ワナ

 さらにトラバサミ 見にくいが”STOP”の標識
 その奥に加圧感知式トラップ うっかり踏むと鉄骨がドーン

     P2110035 (1) ガロ死亡

 問答無用で撃ってくるので仕方なく・・・ 正当防衛です
 ゾンビみたいな顔してるがれっきとした人間 放射能にやられてこんな姿に
 彼らは”グール”と呼ばれ、普段は他の人間とは距離をおいて暮らしている

     P2110037 (1) ガロの持ち物

 サバイバリーな世界 倒した相手からは身ぐるみ剥ぐのがウェイストランドの常識
 彼のかぶってる”パーティ帽”はレアアイテム

     P2110036 (1) ガロの棚

 彼の寝床と棚

     P2110038 (1) ガロのキッチン

 彼のキッチン 中央にあるオリの中にはでっかいゴキブリ”ラッドローチ”
 他の棚にはカニバリズムなものが・・・ お見せできません

     P2110039 (1) ガロのテーブル

 自室前にはあれだけ罠を張り巡らせておきながらこのイスの数

     P2110040 (1) ガロの倉庫

 彼の倉庫

 以上。おそらく何年も彼はこの部屋でたった独り、何を想い、何を心の糧として暮らしていたのでしょう。なによりその、そのパーティ帽が悲しい。

 さてさてウェイストランドにはおかしな連中がまだまだいるぞ。待て次号!

 え?CAESARの部屋?・・・ ゲームだらけ・・・

     おわり。


FALL OUT 3 | コメント:2 | トラックバック:0 |

死者のゲーム Demon’s Souls

   とにかく一言。難しい。

先日、PS3で出たばかりの「Demon’s Souls」

  P2090018 (1) DS
    © 2009 Sony Computer Entertainment Inc.

 硬派&ダーク系アクションRPGで、CAESARドツボのジャンルなのですが、なんせ硬派すぎてすぐに死にます。まず任意でセーブができません。

 「この先なんか危なそうだ。はいセーブ。」
 「よし、ひとつ難関を超えたぞ。ほいセーブ。」

 なんちゅう牛歩プレイは一切お断させていただております。

 近頃めずらしい学習型ゲームで、穴とか崖とかワナとかがあって、どんな重装備でやっても初めてのエリアではまず死にます。しかもそれまで貯めたソウル(お金&EXP)は、死んだ場所に全て落としてしまします。敵ががっつり復活したエリアを最初からやり直しです。すくなくともさっき死んだ場所まで行ってソウルを回収しないことには今までの苦労が水の泡になります。

 そして死んでからがこのゲームの真骨頂。簡単には生き返れません。まずHPが半分のソウル体にされ、この状態でボスを倒してはじめて復活できます。

 「いや、ムリでしょ、体力満タンで殺られたんだからそりゃムリでしょ。」

 そんなわけで、生身1:幽霊10の割合でえんえんと冒険することになるのです。

 「もう食べ物の味なんて忘れてしまった・・・ 
                ぼくは裸で闇の中・・・」  ~ フロド 
                    映画 「ロードオブザリング」より抜粋

 とか言いたくなるほどです。

 だがさすがにゲラタヒヒ(アフリカにいるお猿)よりちょっとだけ賢いCAESAR、何度も繰り返しプレイしているうちにひとつ、またひとつとボスを撃破しはじめました。みんな待っていろ、この俺が世界に平和を取り戻してやるぞ。・・・幽霊だけどね。

 とはいえ、死ぬたびに絶叫しているので、そろそろ近所の人に通報されそうです。

 くそう、こんなゲーム、こんなゲーム、大好きだー!!

 結局ドツボのCAESARなのでした。

     おわり。


    P2090020 (1) DS
     © 2009 Sony Computer Entertainment Inc.

 こいつの向こうにフェイバリット武器、どデカイ大剣があるのだが・・・倒せませんこんなの。



Demon’s Souls | コメント:2 | トラックバック:0 |

ウェイストランド ガラクタ見本市

     時は世紀末・・・

 じゃなくて2277年。文明が崩壊した世界ではすべてが貴重品。他のゲームではただ飾りとして地面にころがっているガラクタが、このFALL OUT 3(以下FO3)では実際に拾えたりします。

 というわけで、今回はウェイストランドに散らばっている様々なガラクタを紹介します。

マイハウスの机をひっかきまわして玄関先に置いてみたの図。

P2060013 (1) (1)


 さあいくぞ。
2番ボール おもちゃの車 まな板 アイロン オートバイのガソリンタンク カメラ キューボール クリップボード(経理) クリップボード(財務) タバコのパック テディベア トースター(新品) トースター(中古) ヌカ・コーラトラック ノームの置物(無傷) ハンマー バラモンのガイコツ ビリヤードボール ブリキ缶 マグカップ ランチボックス リンカーン・コインコレクション レンチ 圧力鍋 灰皿 金属のフライパン 五線紙 芝刈り機の刃 小麦粉 消火ホースのノズル 先割れスプーン 掃除機 謎の肉片 野球のグローブ

   はぁはぁ・・・ と、これでもまだまだごく一部です。

   ここで問題です。

 上記の図に、1つだけ無い物があります。さてなんでしょう?

 画像が不明瞭でちっちゃいとか、バラモンて何?とか、芝刈り機の刃?見たことねぇとか、そんなこと言ってたらウェイストランドでは生き残れませんよ。
 とはいえ補足。リンカーン・コインコレクションは中央の箱。小麦粉も箱入りです。

 さてこれらのガラクタ、本当にガラクタかといえばそうではなく、FO3ではそれぞれに使い道があったりするからこわいのです。例えば掃除機+リーフブロワー+消火ホースのノズル+コンダクターで、ゴキゲンなカスタムウェポン「ロックIt!ランチャー」が完成します。「戦前の本」などは特定のNPCが高値で買い取ってくれたりします。
 
 なものだから、冒険中は敵と戦うことよりゴミ漁りに精をだす主人公・・・ さしあたって使い道がなくてもお店に売れますしね。ちなみにウェイストランドの通貨は”キャップ”と呼ばれています。そう、ビンのフタです。

 とはいえ重量制限があるので、落ちてる物をカタッパシから拾っていたのではすぐに重量オーバー。そんな時役に立つのが先程の「ロックIt!ランチャー」。手持ちのガラクタを弾として発射できるスグレものだ!

      P2060014 (1)
序盤の拠点となる街、メガトン前にて。ロックIt!ランチャーを構えるCAESAR。となりにいるのは街の治安を守るロボ ”副官 ウェルド”

 今やまさしくガラクタとなった「戦前のお金」(束)を弾として、強敵スーパーミュータントを撃破する快感といったらそりゃもうアナタ。

 「札束に埋もれて死ぬがいい!!」

 いつの世でもお金で死ぬ人がいるんですねぇ。

 テディベアでメルヘンな死をプレゼントするのもオススメだぞ!

     おわり。

FALL OUT 3 | コメント:3 | トラックバック:0 |

ガストノッチでいこう

 PS3の配信専用タイトルに「ナムコミュージアム.comm」というのを見つけ、2秒で買ってしまいました。

 収録されているのは「パックマン」「ギャラガ」「ディグダグ」「ドラゴンスピリット」「ゼビウス」に、新作となる「ゼビウスリザレクション」の6作。

 その昔、駄菓子屋の店頭、あるいは奥のほうに置いてあったのをプレイした世代の私にとっては、なんとも懐かしいタイトルであります。当時はアップライト筐体(立ってプレイするタイプのゲーム機)か平台(ひらだい。喫茶店などでよくマージャンとか入ってるアレ)でしたね。

      P2030010 (1)(c)NBGI

 さてゼビウス。美しい背景とソリッド感溢れる内容、ナイスなBGMで有名な名作です。

  「シューティングゲームの歴史はゼビウスから始まる。」

とゲーテも言っています。(うそ)

 とはいえ、その後のシューティングに多少なりとも影響を与えたのは本当で、異常に硬い敵のことを
  
 「こいつバキュラ(*)かよ!」

などと言ったりします。
*バキュラ ゼビウスに登場する破壊不可能な敵。当時としては斬新でした。

 ちなみに「ゼビウス」とはゼビウス語で”第4の星”。今回のタイトル「ガストノッチ」は”絶好調”とか”最上級”または”気分上々”とかいう意味です。なんせ昔のことだから記憶に自信がないけれど。

     P2030011 (1)(c)NBGI

 でドラゴンスピリット。これもシューティングですが、自機がドラゴン、敵もメカじゃないというのが当時としてはとても斬新でした。パワーアップするともうひとつ首が生えてきて火力が2倍!というのにも驚いたもんです。自機がとてもでっかいのですぐに弾にあたってしまい、シューティングが大の苦手な私は1面クリアがやっとです。

 ゲームは目に悪いといわれていますが、ある医師の研究によると目に良いゲームもあるそうで、その筆頭に挙げられたのがこのドラスピ。なんでも

”色彩豊かで動きがあり視点が固定されず自キャラが大きい”

のがその条件だそうで、まさにピッタリです。

 この「ナムコミュージアム.comm」、BGMやSEだけを聞くこともできます。たとえ1面しかクリアできなくとも問題なし!2秒で買った本当の理由は実はこれ。ドラスピの3面なんかのBGMなんてもうこれだけで3杯いけるね!

     おわり。

懐かし系 | コメント:2 | トラックバック:0 |

FALL OUT 3

wallpaper_08_1600x1200 (1)

   最近どっぷりハマッたゲーム。

 このゲームを知らないフトドキ者のために、今回は軽く紹介します。

 ジャンルは近頃はやりの箱庭自由系シングルRPG(米国製)。グランドセフト・オートやオブリビオンⅣを知ってる人なら、どんな感じか理解してもらえるとおもいます。

 核戦争後200年経った世界。かつてワシントンD・Cと呼ばれていたキャピタル・ウェイストランドが冒険の舞台になります。

 某一子相伝マンガ好きや、全国8万人(推定)の廃墟マニアにはタマラン世界ですな!

P2010003 (1)

生まれてから19年過ごした”Vault(ボルト)-101”シェルターを出る。はじめて見る空とどこまでも続く大地。ここからサバイバルがはじまる。

 文明は破壊され、飲み水は放射能まみれ。レイダーと呼ばれるゴロツキどもやミュータント化したクマさん、2首牛やら湯たんぽサイズのゴキブリやら狂った警戒ロボやらカニ魔人やらに襲われてもーたいへん。

 一見するとファーストパーソンビューのドンパチ物みたいな画面で、実際そのようにプレイすることもできますが、戦闘中いつでも一時停止して普通のRPGのように戦うこともできます。

   P2010004 (1)

V.A.T.S システム
 時間を止めて「撃つ→左腕」とかできる。脚を撃てば敵の移動が鈍くなったり、頭なら命中率がさがる、武器を撃って手から吹き飛ばすなんてこともできる。数字は命中率。


 メインストーリーを追うだけなら、「え、これでおわり?」と唸って終了ですが、このゲームの真髄はその恐ろしいまでの作り込みにあります。クリアするために訪れなければならないのはざっと20ヶ所くらいでしょうか。しかしウェイストランドには120以上(いやもっとか?)のロケーションがあります。さらに地図にも表示されない建物とか下水とかがそこらじゅうのあるのです。全サブクリを目指すとなるとかなり走り回ることになりますが、それでも行ったことない場所が残ります。

 だがCAESARがヤラレチマッタのは、この距離的なボリュームではない!

 たとえばある廃棄された地下シェルターに入っていったところ、なぜか同じ顔した同じ名前のやつらばかりがおそいかかってくる。
「なんだこいつら気持ち悪いなぁ。ひょっとしてメーカーの手抜き?」
とかおもいつつ、落ちてるボイスレコーダーを聴いたり、コンピュータをハッキングして記録を見たり、鍵のかかった扉の奥にある怪しい実験施設を見たりしているうちに気づいた・・・・・ こいつらクローンなんだ。詳しくはわからないが何か間違いがあってクローンが暴走、殺し合い。で、このシェルターは廃棄された・・・。

 そんなミニストーリーがいちいち作られているのです。しかもそれが説明されるわけでもなく、ちりばめられた小物や雰囲気で表現されているのです。音声でも「ハハァ!また会ったなゲイリー!遊ぼうゼ~!」とか言って襲ってきます。日本製ゲームの良くないところは「説明のしすぎ」だとおもいます。ちなみにこのシェルター。メインクエどころかサブクエにも一切関係ない場所です。
ヤレヤレ。

P2010002 (1)

レベルアップ時のポイント振り分け。こうやって自分の好きなキャラにしていくことができる。どうです、RPGでしょ。


 結局、ちっとも「軽く紹介」で終わらなかった今回。とはいえ作り込んであるところはまだまだあるぞ。このゲームはネタの宝庫や!

 全国8万人(断定)の廃墟マニアよ、待て次回!

     おわり。


P2010005 (1)

先日、某国の大統領が演説をカマした場所も今じゃこのありさま。戦争しちゃイカンよ。


FALL OUT 3 | コメント:1 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。