つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

死者のゲーム Demon’s Souls

   とにかく一言。難しい。

先日、PS3で出たばかりの「Demon’s Souls」

  P2090018 (1) DS
    © 2009 Sony Computer Entertainment Inc.

 硬派&ダーク系アクションRPGで、CAESARドツボのジャンルなのですが、なんせ硬派すぎてすぐに死にます。まず任意でセーブができません。

 「この先なんか危なそうだ。はいセーブ。」
 「よし、ひとつ難関を超えたぞ。ほいセーブ。」

 なんちゅう牛歩プレイは一切お断させていただております。

 近頃めずらしい学習型ゲームで、穴とか崖とかワナとかがあって、どんな重装備でやっても初めてのエリアではまず死にます。しかもそれまで貯めたソウル(お金&EXP)は、死んだ場所に全て落としてしまします。敵ががっつり復活したエリアを最初からやり直しです。すくなくともさっき死んだ場所まで行ってソウルを回収しないことには今までの苦労が水の泡になります。

 そして死んでからがこのゲームの真骨頂。簡単には生き返れません。まずHPが半分のソウル体にされ、この状態でボスを倒してはじめて復活できます。

 「いや、ムリでしょ、体力満タンで殺られたんだからそりゃムリでしょ。」

 そんなわけで、生身1:幽霊10の割合でえんえんと冒険することになるのです。

 「もう食べ物の味なんて忘れてしまった・・・ 
                ぼくは裸で闇の中・・・」  ~ フロド 
                    映画 「ロードオブザリング」より抜粋

 とか言いたくなるほどです。

 だがさすがにゲラタヒヒ(アフリカにいるお猿)よりちょっとだけ賢いCAESAR、何度も繰り返しプレイしているうちにひとつ、またひとつとボスを撃破しはじめました。みんな待っていろ、この俺が世界に平和を取り戻してやるぞ。・・・幽霊だけどね。

 とはいえ、死ぬたびに絶叫しているので、そろそろ近所の人に通報されそうです。

 くそう、こんなゲーム、こんなゲーム、大好きだー!!

 結局ドツボのCAESARなのでした。

     おわり。


    P2090020 (1) DS
     © 2009 Sony Computer Entertainment Inc.

 こいつの向こうにフェイバリット武器、どデカイ大剣があるのだが・・・倒せませんこんなの。



スポンサーサイト
Demon’s Souls | コメント:2 | トラックバック:0 |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。