つれづれ雑記帳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

2つの箱のラプソディ

 この世には

 触れてはならない箱があります。そうXBOX360です。

 以前ここで書いたとおり、電源の入らなくなったわたしの120GBモデル 「エリート」 は、その後も長らくほったらかしでした。ところが最近になって、PS3よりも360ほうが画質が良いという話をゲーマーのデビルイヤーで聞きつけました。360でしかリリースされていない気になるゲームもいくつかあることだし、ようし、復活させようとおもいたったのです。


 さっそく修理に出すために、トリセツを読んだり、HPで調べたり、人に聞いたりしたわけですが・・・。

 「この世で嫌いなものを3つ挙げよ。」 と言われれば、


 戦争、蜘蛛、手続き

 と答えるわたしにとって、復活までの道のりはあまりに遠く、スッパリと2日、いいや見栄張った、

 20分

 であきらめたのでありました。

360.jpg

   先代120GBモデル

 となるともう新たに本体を買うしかありません。買いました。250GBモデルのやつを。この個人消費の低迷するご時世にたいしたもんです。なぜ誰もわたしを表彰してくれないのでしょう?

 よーし。さっそくつないで電源オーン!  ・・・オーン!


 ・・・つかねぇ

 こんな結末を誰が予想したでしょう?この世にこれ以上悲惨なことがあるでしょうか?

 原因はわたしの部屋のコンセントそのものにあったのです。試しに別の部屋のコンセントにつないでみたらケロツとつきました。先代の 「エリート」 はちっとも壊れてなんかなかったのです。テレビもPS3もPCもエアコンも問題なく動いているのに360だけダメだなんて。

 わたしの部屋がそんな


 ミステリースポット

 だとは思いませんでした。

1f0f286a-baf4-4b58-9756-636f753e5058.jpg

   新人250GBモデル

 さてどうする?電気屋さんに電話して電気系統をチェックしてもらうか?
 なぁーんてメンドくさい案は2分、いいやまた見栄張った、


 2秒

 でボツにしました。

 そうだ延長コードを買ってきて別の部屋から電源をとればいい。買いました。5メートル。いいや、足らないかも。さらに3メートル。

 よーし。こんどこそ電源オーン! ・・・オーン!


 ・・・なぜつかない?

 普段は何事に関しても根気のないわたしですが、ことゲームの事となるとハナシは別です。絶対につくはずだと部屋中のコンセントをあーでもないこーでもないと20分ほど、おっとまたまた見栄張った、

 2時間

 ほど抜いたり差したりした結果・・・

 つきました。普通にこの部屋のコンセントで。どうやら電源コード以外のコード、、コントローラーやネットのコードを抜いた状態で電源を入れるといいようです。そんなことで、たったそれだけのことで・・・

 ごめんよ、先代エリートくん。そしてごめんよ、


 8メートル。

 本体と同時に買ったゲームも無事に起動成功。おお~ PS3より画質が良・・・ 

わかんね。

 そうだ対戦・協力プレイするためにアカウントを取っておかないとね。

・・・エラーがでて取れねぇ・・・

 ・・・

 ・・・

 うん。明日


 カスタマーセンターに電話します。


   おわり

スポンサーサイト
未分類 | コメント:4 | トラックバック:0 |

アサシンクリード Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ

 すでに3作目

が発売中でも1作目からプレイする。

そう!それがッ!ゲーマーとして、いーや人としてのわたしの


 CREEDッ!! (意:信条)

というわけで、今回はのネタは3作まとめて 
「アサシンクリード」 です。
まずはⅠから。


subimg_altair_02 (1)

 評判が良いゲームということは知っていましたが、プレイしてみてそれも納得しました。いままでにないアクションジャンルです。ターゲットを暗殺するために人ごみにまぎれてジリジリ近寄っていくときなんかはとてもドキドキします。そんなときに限って物乞いやら薬物中毒者やらがまとわりついてくると、21世紀にはいって一度もキレたことのない温厚なわたしでもキレそうになります。

 このシリーズを通して言えることですが、歴史好き、地理好きな人には特に楽しめるのではないでしょうか?Ⅰの舞台は1191年、第3次十字軍運動まっただ中の中東です。エルサレム、ダマスカス、アッカなどと聞くと、わたしなんかはかなり燃えます。逆に高所恐怖症の人にはきびしいゲームです。主人公のアルタイルはさすがアサシンなだけにとても運動能力が高く、高ーい塔の上までスイスイ登っていき、こともあろうかそこから飛び降りたります。わたしなんかはその度に背筋がゾーっとします。

 本っ当にちなみにですが、このゲームの女性プロデューサー、ジェイド・レイモンドさんは美人です。さっそく検索してみよう!


chara_ezio_ph_b_large (1)

 鼻の下を伸ばしたところでさて2作目。今回の舞台は15世紀末ルネサンス期のイタリアのフィレンツェとヴェネツィアです。これまた歴史・地理好きにはタマらない設定です。Ⅰで出てきた歴史上の人物といえば獅子心王と呼ばれたイングランド王リチャード1世くらいでしたが、Ⅱではどっさり登場します。
 
 歴史好きのわたしですら、
レオナルド・ダ・ヴィンチ (おお、モナリザだ~)
ロレンツォ・ディ・メディチ (たしかフィレンツェの偉い人だ~)
カテリーナ・スフォルツァ (う~、イタリアの女傑?)
フランチェスコ・ディ・パッツィ (ぐうう、パッツィ家の陰謀の・・・)
オルシ兄弟 (・・・誰?)
 ちゅうくらいのレアキャラがでてきます。

 2作目なので当然いろいろパワーアップされています。が、武器が増えたとか暗殺方法が多彩になったとかはおいといて、もっともナイスなのはイタリア語音声にできるということです。

 もちろんわたくし、イタリア語なんぞは


 フェラーリ (意:フェラーリ)

 くらいしか知りませんが大事なのは雰囲気です。

 名所に近づくとポップアップでウンチクがでるのようになったのもナイスです。

「おおこれが花の聖墓教会か~、おおここがサンマルコ広場か~ ・・・ああ!財布スられたあー!」

などとツーリスト気分を満喫できます。

 絵画を買ってアジトに飾ることもできます。ダヴィンチの 「受胎告知」 、ボッティチェリ 「春」 などを壁に掛ければ気分はとってもセレブリティ。妙に時代考証がしっかりしていて、苦労して忍び込んだシスティーナ礼拝堂の天井にミケランジェロの「天地創造」(1512完成)はまだありません。


acb_system_img_3_l (1)

 そして3作目。舞台はついにローマです。

 敵役は当時の教皇ロドリゴ・ボルジア(教皇アレッサンドロ6世)とその息子チェーザレです。この父子は歴史上でもたいへん悪名高く、敵役にはピッタリです。ただしこの悪名は、キリスト教的倫理観からみてということで、実際にはなかなかの政治的手腕をみせた2人なのでした。リーダーに ”クリーンさ” を求めがちなわれわれにとって、一考の価値のある2人です。

極論ではありますが、


 VIRTUS (意:技量・徳)

さえあればなんでもアリなのがルネサンスなのでした。

 3作目ともなるとサブミッションがどっさりあって、作業感はかなりのものです。しかし、サブをこなしたからといって特別に強い武器などがもらえるわけでもなく、一切スルーしてもクリアできるようになっています。このへんの ”自由度” も評価できるところです。

 さて、すでに4作目も開発中のこのシリーズ。舞台はなんと1511年、当時勢いにのるオスマントルコ帝国の首都コンスタンティノープルです。主人公のエツィオ・アウディトーレは50歳越えのオヤジ。のちに 「大帝」 と呼ばれることになるスレイマンはいまだ10代の若者。西洋と東洋が交差するこの街で、いったいどのような冒険が待ちうけているのでしょうか?

そしてこの


 マニアック (もともとの意:狂気)

な設定に、いったいどれほどの人がついてこれるのでしょうか?



   おわり

 
未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ボニー・マクファーレンの気持ち

 なんだろう、この気持ち?

 今回も「レッド・デッド・リデンプション(以下RDR)」ネタです。

 当然、とっくにクリア済みで、今は次の次の、
さらに次のゲームをプレイ中であります。

 このRDR,前回の記事を書いている段階ではあまり感じませんでしたが、クリアしてこう思いました。

 「じつに大人のゲーム」である。と。

 もちろん、露出度の高いおねえさんがでてくるとか、そーゆーことではありません。特にラスボスを倒しエンディングへと向かう一連のミッションが秀逸です。家庭をもっていないわたしには正直あまりピンときませんが、全国のおとうさんプレイヤーはきっとだだ泣きでしょう。

 さて、そんな中でも特に心に残ったシーンがあります。それがこちら、今回の主人公、ボニー・マクファーレンです。

RDR2 (1)

 クリアしてひと月ほど経ちますが、彼女のあるシーンでの気持ちが分からないのです。えー当然わたくし、女心なんぞには

 完全アウェイ

ですが、どうしても考えてしまうのです。
 
 どういうシーンかはとてもわたしの文章力では伝えられないので、動画を見てもらうしかありません。でもその前にいきさつだけでも書いておきます。

 物語の冒頭で怪我を負った主人公ジョン・マーストンを助けてくれ、銃の撃ち方やら馬の乗り方やらを教えてくれるいわゆるチュートリアルNPCです。男兄弟が何人かいるらしいのですが、死んでしまったり都会で銀行に勤めてたりして結局彼女が父親のマクファーレン牧場を経営しています。年齢は27、8で独身です。1911年(設定)という時代、いかにアメリカでもこの年齢で結婚していないというのはやはり遅いらしく、ゲーム内で発行される新聞にもズバリ、


 適齢期を過ぎた

なんて書かれています。

 その他のミッションでもジョンに牧場の危機を救われたり、ギャングにさらわれて殺されそうなところを助けられたりして、彼といい感じになりそうですがそうはなりません。このジョン・マーストン、とってもジェントルマンで、自分には妻と子供がいることや元ギャングで人も殺したこともあるとちゃんと彼女に告げるのです。その気にさせるような軽率なまねはせず、命の恩人として終始適度な敬意と距離をもって彼女に接するのです。

 長くなってしまいましたが、以上をふまえて動画を観てみてください。You Tubeで

 「古い仲間、新しい因縁」

 でプレイ動画が観られるはずです。問題のシーンは7:00くらいの去っていくマーストン夫妻を見送るボニーです。


red-dead-redemption-21 (1)

 どうですか?

 このときの彼女の気持ちはなんといったらいいのですか?

 悲しい?違う。嫉妬?してない。やはり”せつない”がいちばん近いが何か足りない。
 見てるこっちの気持ちは


 ぐうう、こっち来い!抱きしめてやる!

 で決まりなんですがね。

 牧場の男が「ごきげんよう」と言うところなんかは実に文学的です。「老人と海」の最後あたりで観光客の女がいうセリフに匹敵するほどイイです。「ストーリー」はあっても「ドラマ」がないゲームが多い中、良きにつけ悪しきにつけ素朴なアメリカのゲームメーカーが、このような押さえの利いたドラマを作るとは今後に期待がもてます。

 さて、この記事の冒頭で書いた”さらに次”のゲームも今日クリアしてしまいました。次はなにをやろうかなぁ。期待してるやつの発売日までにはまだ日があるしなぁ。まだ気になってる「いまさらゲームズ」もあるしなぁ。いや、PS3のネットワークも回復したことだしその方面もアリかなぁ。・・・う~ん

 なんだろう、この気持ち?

   おわり。

未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

いまさらな日々

 あんまり

長い間更新しないでいると、

 「ん? このおっちゃんゲーム卒業したかな?」

とか思われかねないのでここらで更新しときます。

 当然全然卒業なんてしてるはずもなく、
まず、「ドラゴンエイジ オリジンズ」 ~ 「トゥーワールドⅡ」 ~ 「ドラゴンエイジ アウェイクン」(いずれもPS3のRPG)とリレーしておりました。「ドラゴンエイジ」は良作です。RPGにストーリー性を求めない私ですが、話がとても良く作りこまれていて感心しました。


 その後は、気になってたけどスルーしていたいまさらなゲームに手を出していました。

 「ベヨいまさらネッタ」とか

 「バイオハザいまさらード 5」とか。

 で、今プレイ中なのが

 「レッド デッド リデンプシいまさらョン」

です。


RDR (1)
 
 まあ、「グランドセフトオート」の西部版です。
こういったオープンワールド系の常として、「妻と子供が人質にとられていて、ある人物を倒さないとどーとかこーとか」とかいうメインストーリーは


 そっちのけで

狩りとか薬草摘みとか宝探しとかに精を出す日々を送っています。
さすが「GTA」を手がけたロックスターゲームズ製だけあって、広い荒野を馬で走っているだけでも楽しいと感じさせてくれる良いゲームだと思います。
 特に狩りが楽しく、「イノシシ?どこにいんの?」 とか 「コヨーテとオオカミ・・・見わけつかねぇ・・・」 とか、ガラガラヘビに噛まれながら荒野をさまよっています。
どこかにクマがいるらしいんだが・・・
 というわけで、待て次号!もしあればのハナシだがな!


reddeadredemption_100109 (1)

 え~ ちなみに、AKB48が、実はちっともぜんぜん48人じゃないと

 いまさら

 知ったこの春・・・

   おわり





未分類 | コメント:2 | トラックバック:0 |

ゲームホリック 後編

どこまでつづく ぬかるみぞ

「討匪行」 八木沼丈夫作詞 昭和7年

ついに最終回(のハズだ)。

 - カタン -

たしかドイツのボードゲーム。をデジタル化したもの。資源をうまく使い領土を拡げてポイントを競うゲーム。どういうわけかアナログゲームの良作はドイツ製が多い。子供のころはよくボードゲームで遊んだものです。現代っ子はもうやってないのかな?

 - ナムコミュージアム -

以前にこのブログで書いたことのあるナムコのレゲーセット。「ディグダグ」は敵キャラを破裂させたり岩を落としたりして倒すわけですが、最後の1匹は画面外へ逃げようとします。それをうしろからトドメを刺すのが今考えるとひどい。

 - クリスタル ディフェンダーズ -

ずばり言って、前編で紹介した「モンスターズ」のパクリ。塔がファイナルFのキャラに置き換わっただけ。パクリがあるってことは「モンスターズ」が良作だったということ。

 - ゴミ箱 -

いろんなゴミをゴミ箱に詰めていくパズルゲーム。普通に詰めるだけでは溢れてしまうので、うまく隙間に入れたり壊して小さくしたりしてクリアする。最初はマグカップとかハンガーとかのゴミだが、そのうちゴルフ場とかタンカーとか、「ゴミか?」ってのが落ちてくる。

 - ファイナルファンタジー Ⅶ -

人は2種類にわけられます。そう、FF派とドラクエ派に。わたしはドラクエ派。FFはデモが長すぎていつまでたっても怪獣と戦えない。ドラクエは「Ⅷ」になってもやくそうは「薬草」ではなく、あくまでも「やくそう」。そこがいい。

 - ルナティックドーン -

フリークエスト形RPG。好きなジャンルだがこのルナドンもデモが長い。スキップ機能がないので見てるしかない。

 - ネクロマンサー -

PCエンジンのRPG。わたしの記憶が正しければ、敵モンスターが動くRPGはこれが初。といっても2枚の画だけ。ダーク系RPGというふれこみだが、今見るとなんともほのぼの。

 - 麻雀 -

普段は運命やら占いやらいっさい信じないが、麻雀をやってる時だけは「運ってあるかもなぁ」とおもわせる人類史上最高のゲーム。

 - マシリアス -

800円にしては遊べるアクション。剣や槍に変形するマントを使ってでかいボスと戦うゲーム。おじさんには難しい。

 よし

やっと終わりました。

数えてみたらじつに37タイトル。そのうちクリアしたもの・・・5。すいません。

注意してほしいのは、これらはすべてPS3でダウンロードしたゲーム
のみだということです。期間にして3年(注。金欠の1年を含む)でこの数です。この時勢にたいしたもんです。各ゲームメーカーはそんなわたしに株式の1%を譲渡すべきではないでしょうか?

とはいえ、当初の目的であった「食い散らかし感」は

 イヤというほど

出せたのではないでしょうか?なにより本人がもうイヤです。

さて、次回からはPS3ダウンロードゲーム以外の食い散らかしゲームを紹介・・・


・・・ うむ、勘弁してやろう。

   おわり

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
| ホーム |次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。